脱毛

MENU

案外多い子供のムダ毛に悩む親

案外多い子供のムダ毛に悩む親

 


最近は小学生でムダ毛に悩むというのは、珍しい話ではなく、子供でムダ毛を気にしている子はたくさんいます。子供は、学校で新しい友だちが出来る時や、プールなどで肌を出す機会かあると、自分の体のことを気にしはじめます。

 

小学校3年生ぐらいになると、1割の子がムダ毛を気にし始めるといいます。それと同時に気になるのが、子供のムダ毛に悩む親です。そうした親は案外多く、子供以上に気にしていたりします。特に子供が女の子の場合で、クラスにやんちゃな子供が多い場合、親は執拗以上に、子供のムダ毛を気にして悩みます。

 

自分の子供が友達も多くて明るい子であっても、ある日突然、ムダ毛が原因で仲間はずれやいじめに合わないか疑心暗鬼になります。1度いじめのターゲットにされると、その後ずっとからかわれ続けたりします。

 

子供は純粋である反面、残酷な一面を持っています。子供にとってムダ毛というのは深刻な問題ですが、親があまり神経質になるのはよくありません。親はいたずらに子供のムダ毛に悩むのではなく、本人が気にしだしたら、対処を考えてあげるくらいの余裕が必要です。

子供に脱毛器を使うのは痛みもあるしおすすめできない

最近は子供でもムダ毛に悩むケースが増えています。子供の時にムダ毛が濃いと学校でいじめられたりする時代です。最近の脱毛器は非常に進化していて性能も良いです。

 

脱毛するのに特に年齢制限はないので、脱毛器を使っても特に問題はないでしょう。脱毛サロンでも7歳から脱毛できるキッズコースがあります。でも、子供に脱毛器を使うのは痛みもあるしあまりおすすめできません。

 

また、脱毛は毛周期のサイクルに合わせて成長期の時期に脱毛しないと効果はなく、子供は毛周期が安定していないので、通常の大人と比べて脱毛効果は少ないです。

 

脱毛器は、医療脱毛のように肌に強いダメージはないのですが、やはり痛みはあります。痛みを緩和するには、脱毛前後のケアをしっかりしないといけません。

 

脱毛器は、メラニン色素の熱を加えて毛乳頭を破壊していくので、肌の状態はどうしても不安定になります。照射後、1週間以内に日焼けをするとヤケドの恐れがあり、子供の場合、肌の手入れが不十分になりがちです。

 

毛周期が安定しない子供の時期は、痛みの強い脱毛器を使用するより、肌に優しいシェーバーを使う方がいいでしょう。脱毛器は、高校生くらいから使用する方が賢明です。