脱毛

MENU

子供の毛深さも基本的には遺伝する


子供の毛深さも基本的には遺伝する

 

子供の毛深さも基本的には遺伝するので、赤ちゃんの頃に毛が濃い子供は、大きくなったら薄くなる可能性は低いです。毛深さは遺伝するので、子供の頃に毛深い子は、大人になってもずっと毛深いです。

 

100%遺伝するわけではありませんが、両親からだけの遺伝ではなく、隔世遺伝もあるので、遺伝の確率は高いと言わざるを得ません。子供の毛深さは基本的に遺伝するので、親が同じような悩みをもっているのなら、自身の経験を生かして子供にきちんとアドバイスしてあげる必要があります。

 

親が心配すると子供はさらに心配することになるので、冷静に優しく対処してあげましょう。子供は想像以上に悩んでいるものです。誰にも相談出来ずに苦しんでいるかもしれないので、毛深さで悩んでいる子供には、毛深くても大丈夫だと諭してあげましょう。

 

毛深くても元気に生きていける強い心を親は植え付けてやることが大事です。毛深いくらい気にしないぐらいの子供になれるよう教育するのです。

 

今の時代、大人になれば、全身脱毛して解消することもできるので、説得の仕方はいくらでもあります。

子供顔の産毛ヒゲみたいなら親が処理してあげましょう

子供の顔に産毛ヒゲのようなものが生えていたら、慌てて脱毛サロンなどに行って処理しない方がいいです。子供の肌は未成熟で、デリケートで敏感です。子供がどうしても気にしているのなら、親が処理してあげましょう。

 

電池式の顔用シェーバーなどで、優しく剃ってあげましょう。子供の顔に産毛ヒゲのようなものが生えていると、本人は気にしていなくても、親が過剰に反応する場合があります。

 

産毛を本人が気にしていなくて、大人だけが気にしているのなら、何もしない方がいいでしょう。子供の産毛ぐらい、生えっぱなしにしておいて大丈夫です。親がそんなことまで気にして完璧にキレイにしていたらきりがありません。

 

子供の肌は敏感なので、カミソリや薬品を使うのは肌によくありません。

 

本人が年頃になって気にし始めるまでは、できれば顔の産毛はほっといた方がいいのです。最近の親は、自分の子供の見た目を過剰に整えすぎの傾向にあります。

 

カミソリも除毛剤も子供の肌にはかなり負担がかかります。幼い子供の顔に産毛ヒゲが生えていても、親は気にしないようにしましょう。