脱毛

MENU

除毛クリームは子供の柔肌を傷つける可能性がある


除毛クリームは子供の柔肌を傷つける可能性がある

 

除毛クリームは、子供の柔肌を傷つける可能性があるので使用しない方がいいです。基本的に、小学生くらいの子供には、ムダ毛処理はまだ早いです。

 

最近の小学生は非常にオシャレになっていて、小学校1年生くらいでも顔の手入れをしている子は少なくありません。学校に毛深い状態で行くと、それが原因でいじめに発展する例も多いと言います。

 

親としては心配になりますが、子供が意思表示をしてきた場合を除いては、ムダ毛処理は避けた方が無難です。子供のムダ毛を気にして、子供に除毛クリームを使うお母さんがいますがやめた方がいいです。

 

除毛クリームの成分は、子供の肌を荒らし、柔肌を傷つける恐れがあるからです。除毛クリームの有効成分であるチオグリコール酸カルシウムは、ムダ毛に対して強い還元作用を示します。

 

毛のタンパク質を変性させて溶かすので、肌に大きな負担がかかります。

 

除毛剤には、チオグリコール酸カルシウムの働きを良くするためにアルカリ剤が配合されていることも多いので、アルカリの強い除毛クリームは、子供の肌荒れの元になってしまいます。

 

子供の皮膚は成長期の肌なので、除毛クリームは子供の柔肌に負担になります。

小学生ぐらいでもムダ毛に悩み始めるもの

小学生ぐらいでもムダ毛に悩み始めるものです。今の子供は成長が早く、昔と違ってムダ毛に悩む子供が増えています。全般的に皆がオシャレになっているのも影響しています。

 

男性より女性の方が幼少期の成長は早いので、小学生高学年ぐらいになると、女の子はムダ毛を気にしはじめます。ただ、小学生の時に、ムダ毛処理をするというのは難しいです。

 

脱毛サロンに行くにしても、親の許可が必要です。女の子だと、親にも恥ずかしくて相談できないでしょう。小学生の頃と言えば、女子のムダ毛に対して、男子が馬鹿にしてくる時期なので、小学生の頃から、腕と足のムダ毛が濃いと本当に悩みます。

 

ムダ毛が濃いととても恥かしい思いをします。他の人よりちょっとでも毛深かったり体毛が濃かったりすると、女のくせに毛深いとクラスの男子からからかわれます。ひどい場合いじめの対象になりかねません。

 

特に春から夏にかけては、ムダ毛に悩む子供にとって、大きなストレスになるシーズンです。学校でプールが始まると精神的負担は大きくなるので、親はいち早く察知して、子供が学校生活や普段の生活をストレスなく過ごせるよう配慮してあげないといけません。