脱毛

MENU

毛深くても苦しむわけではないし、親子であまり気にしないのも大事


最近の子供は、毛深いことで悩む子が増えているといいます。

 

確かにあまり毛深いと学校でからかわれ、毛深いことがいじめ問題にも発展しているので、見過ごすわけにはいきません。両親にとっても、子供の全身が毛深いと、いじめられないか心配になります。

 

でも心配して、ホルモン異常かと思って病院に連れて行くと、医者からは特におかしいとは言われなかったりします。子供が毛深くても親はあまり心配しない方がいいかもしれません。

 

親が子供と一緒になって心配すると子供は余計に不安になります。親があまり気にしなければ、子供もあまり気にしないものです。

 

子供が毛深いことで悩んでいるなら、毛深くても死ぬわけではないし、そんなことは気にするなと言って、子供の前では冷静に対処するべきです。

 

親がいつでも平気だという顔をしていれば、子供も安心します。子供の時は、まだ肌も成長段階です。そうした時期に無理に脱毛するのはおすすめできません。

 

子供がまだ小学校ぐらいの時は、手入れなどはせず、気にしないよう子供に指導する方が得策です。毛深くても苦しむわけではないので、親子であまり気にしないのも大事なことです。